お知らせ保護者の方へ函館私立幼稚園PTA連合会教職員の方へ

人形劇観覧事業 劇団ポプラ「ピーターパンとウェンディ」上演案内

peterpan

平成29年9月20日(水)函館市民会館大ホールにて劇団ポプラ「ピーターパンとウェンディ」を上演いたします。開場11:45開演12:00終演13:35    観覧料1,100円

詳しくは事務局(高丘幼稚園0138-57-3621)まで

program_03

イギリスの戯曲から児童文学の名作となったピーターパンには、「永遠の少年」という傍題が付けられています。誰の心にもきっと潜んでいる人への気持ち。
いたずら好きでちょっと意地悪な男の子。
そんなピーターパンがウェンディを連れて、おとぎの国ネバーランドで次々と危険な冒険に立ち向かっていきます。本舞台はロングランヒットのブロードウェイ版を基に、ファンタジックな名場面の数々を創りだしています。

★挿入曲は全17曲。夢の舞台をさらに楽しくスリリングに盛り上げます。

<あらすじ>
イギリスの戯曲から児童文学の名作となったピーターパンには「永遠の少年」という滂題がつけられています。誰の心にもきっと潜んでいる人への気持ち。

ミュージカル『ピーターパンとウェンディ』の制作、上演にあたって挿入歌のすべてをオリジナル曲として書き下ろしました。
ステージの限られた空間を余すことなく存分に使い、上下にも広がるネバーランドの世界は、子供たちが初めて触れる、総合舞台芸術として最適な作品です。

ウェンディは寝るときに、お母さんが話してくれるお話をいつも楽しみにしています。そんなとき、時計の鐘の音でふと窓に目を向けると、一人の少年が現れます。
地図には載っていないおとぎの国、ネバーランドからやってきた、ピーターパンです。
ウェンディは、ピーターパンの暮らすネバーランドへ一緒に行くことになります。
ネバーランドでの楽しいひとときが始まりました。やがて二人には、危険な冒険が待ち受けています。ピーターパンを捕まえようとする海賊たちが、フック船長に率いられてやってきたのです。海賊たちはピーターパンをおびきだすために、美しいインディアンの娘、タイガーリリーを人質にピーターパンを誘い出して、罠にかけようと待ち受けます。
タイガーリリーを助けるために、またウェンディを無事に両親の元へ帰すために、ピーターパンの友情を結ぶ冒険は続きます。

 

劇団ポプラHPより抜粋